FC2ブログ

メニュー

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

シンプルアーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

第37回 講演会

 いよいよ11月菊花香る季節となりました。
 11月5日(土)、講演会を開催いたしました。今回は神奈川県の
 肉、卵、牛乳の現状についてお話を伺いました。
 演題は「かながわの畜産ー生産から消費まで」
 講師は神奈川県農業技術センター
     畜産技術所、専門研究員   田邊 眞 氏
 この研究所は海老名市の本郷にあります。神奈川県内の畜産経営
 生産、流通等技術の研究や指導をされています。消費者が安心して
 食生活が営めるための仕事をされています。
①演題に沿って始りました。
PB050489.jpg

②講師 田邊 氏
PB050491.jpg

 ③「フムフム」「ああそうか」講話に聴き入る参加者の面々
CIMG0739.jpg

内容は
    ○畜産経営の周辺環境、畜産物生産量、酪農乳用牛のこと、
     乳の生産、肉用牛、品質管理

   ○豚については神奈川県産として昔からなじみのある高座豚、
    養豚の歴史、肉の管理

   ○ニワトリについては卵の生産と管理、珍しいニワトリ海外種の
    うす水色の卵を産む「アロウカナ」 の紹介。
    など注目を集めました。
CIMG0771.jpg

○かながわブランド登録の畜産物の紹介
CIMG0774.jpg

 ○飼料、排泄物、そして食料の生産は生き物、自然との循環により成り  立っている。生産された食物が無駄なく循環され、人間の生命が守ら  れることの大切さと「食育」の大切さを教示されました。

恒例のおやつタイムは榧場シェフ指導の下スタッフが前日作った
ブラウニケーキ、りんごのコンポートを用意しました。





スポンサーサイト



テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

第35回講演会

輸入品や遠隔地からとどく食材が多い中で、地産地消が注目されています。 2011年2月5日(土)、神奈川県環境農政局企画調整部かながわ農林水産ブランド戦略課の山田貴史氏による講演 「かながわ県における地産地消 ・かながわブランドについて」がおこなわれました。
神奈川県は各地にさまざまな特産品があり、たとえば野菜ではだいこんは全国4位、こまつなは全国3位とのこと。

講師のご挨拶
sP2050008.jpg

澤野理事長の挨拶。地産地消が減少して長寿村(ゆずり原)は短命化。
sP2050002.jpg

狭い会場ですが30余人集まりました。 
sP2050012.jpg

榧場シェフの指導で前日つくった野菜ケーキ(南瓜のお菓子自己流)
sP2050029.jpg

手づくりおやつを賞味しながらの休憩
sP2050019.jpg

参加者の面々ー地元の農協女性部からも参加
sP2050038.jpg

質問や体験談もいろいろ出ました。
sP2050034.jpg










テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 BLOG TOP