FC2ブログ

メニュー

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

シンプルアーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

第24回子ども料理教室

2010年の最後の事業は第24回子ども料理教室でした。
この教室は春、夏、冬と三期休業に入る時に二日に分けて行っています。対象は小学生です。1年生から6年生までが参加します。市内の子どもが対称なので通っている学校や学年、性別も違いますが仲良く料理を楽しんでくれました。
大きくなってこの体験は、よい思い出となってくれることを願っています。また「食育」「地産地消」が注目されていますが子どものうちから料理に関心を持って家庭の台所で食事作りに参加できる体験の場にしたいと思っています。

今回のメニューは
 ○ スパゲティナポリタン  ○ 玄米サラダ  ○ きのこスープ
 ○ みかんムース
でした。感想は「おいしかった」「とても楽しかった」「また来たい」など。

さー 野菜の下処理からです。玉ねぎは涙を流しながら、他にピーマン
にんにく、セロリ、りんごなど。
一生懸命挑戦です。
sDSCF0609.jpg

sDSCF0610.jpg

次に調理をします。スパゲティの具のいため。スープに入れる野菜のいためなど。
sDSCF0596.jpg

sDSCF0597.jpg

盛りつけたスパゲティにみじんパセリを振っています。
sDSCF0613.jpg

サラダの盛り付け、皿にレタスを敷きます。
sDSCF0592.jpg

やったー 出来たゾ   
みんなで楽しく会食です。
sDSCF0601.jpg

sDSCF0602.jpg

sDSCF0603.jpg


スポンサーサイト



テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

「第98回 シニア男性の楽しい昼食づくり」

「第98回 シニア男性の楽しい昼食づくり」を行いました。
今回は管理栄養士鈴木正子が担当しました。
クリスマスや冬至をひかえ、食材も向きのものを選び洋風メニューを中心としました。内容は
トマトジュースを使ったピラフ
鶏むね肉のピカタ
かぼちゃのヨーグルトサラダ
簡単に出来るわかめスープ
紅玉を使って、りんごの寒天よせ
の5品でした
sPC150428.jpg

調理の一部をご紹介します。
ピラフ
米はオリーブオイルでよく炒めます。トマトジュースとスープを加え、炊飯器で炊き上げます。ハム、ミックスベジタブル、玉ねぎをバターで炒めておき、出来上がったごはんに混ぜ出来あがり。
sPC150412.jpg

ピカタ
今回は鶏のむね肉を使いました。サッパリとした上品な味。両面を焼い 
てワインで蒸しあげます。それをコイン型に切り、小麦粉をまぶし、溶き
卵に粉チーズ入れこの卵液につけオイルとバターで焼いたものです。
sPC150423.jpg

sDSCF0566.jpg

sDSCF0567.jpg

かぼちゃのヨーグルトサラダ
旬はずれの感もありますが日本の伝統行事として冬至にかぼちゃを食
べて、ゆず湯に入ると病気にならないといわれています。そのかぼちゃを
プレーンヨーグルトをマヨネーズ代わりに使いました。おいしかったです。
かぼちゃは2cm角位に切って電子レンジで加熱しました。
sPC150422.jpg

sDSCF0575.jpg

りんごの寒天よせ
りんごの皮を寒天と共に煮て薄いピンク色にして煮たりんごを合わせ
た寄せものです。甘酸っぱいりんごの味を引き出した上品な味に出来
ました。
sPC150411.jpg

sPC150418.jpg

スープも添えました
鶏がらスープでだしをとり、もどして刻んだわかめと小口切りの葱を散らしたカンタンスープです。エネルギーは7kcalと低いのですがちょっと欲しい汁物に最適。

さあ、出来ました。クリスマスも近くなりました。食卓はポインセチアで飾り差し入れの食前酒ワインで一年の無事を“乾杯” 自分たちで作った料
理に舌鼓を打ちながら賑やかに今年のしめとなりました。
sDSCF0585.jpg

来年2月で100回目になります。新しく希望参加歓迎です。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

第41回もてなし料理講習会

11月30日(火)、12月1日(水)と2日間、第41回もてなし料理講習会を
開催しました。
講師はシェフの榧場眞市氏。クリスマスやお正月をひかえ身近な材料を
使い少し手をかけて本場イタリア料理の手ほどきを受けました。
メニューは
 1 東洋風ピラフ
 2 ミラノ風ピカタ
 3 野菜のマリネ
 4 さつまいものケーキ
 5 オニオンスープ

野菜をたっぷり使い下処理して軽くいためあわせます
sDSCF0545.jpg

トマトソース、オリーブオイル、ワインビネガー、各種ハーブの香りを
生かしたソースで合えて出来あがり
sDSCF0557.jpg

ピカタとりむね肉を使って塊のまま焼き上げてからスライスしてピカタ
の衣をつけて焼きます。チーズの風味とレモンソースの味を楽しみました
sDSCF0543.jpg

彩り豊かなピラフ米をさっと洗ってよく乾燥させておくことがポイント。
玉ねぎの皮のむき方、みじん切りを指南いただく。
sDSCF0553.jpg

あらかじめよく炒めた玉ねぎと共に米を炒めカレーなどで使われている
ターメリックで黄色に色づけしあとでパプリカ、レーズン、グリンピース
の具を加えて彩りよいピラフが出来ました。
sDSCF0547.jpg

さつまいもケーキ
さつまいもを蒸して裏ごししたものに、卵、バター、砂糖などよくこねて
「マンケ型」という容器に入れ焼きます。「フムーン!」「おいしそうね」
など感心してデモに見入る。
sDSCF0546.jpg

「ワー きれい」焼きあがったらスライスアーモンドをきれいに飾りつけ
再びオーブンで焼き色をつけました。
sDSCF0555.jpg

オニオンスープ
玉ねぎをよく炒めあげ、甘みを出したオニオンスープも添えられました。
sDSCF0560.jpg

さあ、出来上がりました。会食しながら先生の楽しい料理のよもやま話を
聞いたり会話もはずみました。
sDSCF0562.jpg

当センターでは季節感を取り入れた身近な素材を使い、もてなし料理講習会を行っています。月別事業をブログでお知らせしますのでご覧ください。この事業は主に女性を対象に行っています。
次回は「ひなまつりもてなし料理」を予定しています。
日時  2月22日(火)  23日(水)
費用  2,000円
講師  当センタースタッフ      (申し込み、問い合わせはTEL又はFAXで)  

   

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 BLOG TOP