FC2ブログ

メニュー

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

シンプルアーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

第106回「シニアの楽しい昼食づくり」

2011年9月13日(火) 14日(水)
残暑の厳しい中でしたが多くの方にご参加いただき、賑やかな会となりました。今回はセンターの管理栄養士の布田三奈江が担当しました。
主菜にお魚を使った西洋料理の献立です。
メニュー
 ○ ポワッソン・アン・パピヨット(魚の包み焼き)
 ○ サラード・アリコベール(さやいんげんのサラダ)
 ○ ポタージュ(豆乳のスープ)
 ○ ピーチ・ゼェリー(桃の冷菓)

①今回の主菜は魚の包み焼き、蝶々のように切ったアルミホイルで鱈を
 包みます。
P9140314.png

②仕上がりを美しく見せるポイントはホイルで包んだ後、ストローで、中に
 空気を入れて膨らませます。
P9140317.png

③フライパンで蒸し焼きにします。
P9140319.png

④ポタージュには白だしや豆乳を使っていつもとちょっと違った風味に。
P9140310.png

⑤デザートはゼラチンを使ってのピーチゼリー。固まるのに時間がかかるので早く作って冷蔵庫へ。
P9140311.png

⑥サラダに赤いパプリカを、スープに緑のあさつきを、彩りよく盛り付けたら出来あがり。
DSCF0127.png

⑦会食風景
 おいしくできました。
P9140325.png

P9140326.png






スポンサーサイト



テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

「しょうなん栄養」24号の訂正

8月発行の「しょうなん栄養」でお知らせした第14回世界食料デー湘南大会、変更になって正しくは次のとうりです。
  11月6日(土)13;00~ 茅ヶ崎駅ラスカ・サロン  
 以上訂正いたします。

「包丁研ぎ講習と昼食づくり」

今回は食事作りの道具の原点「包丁」に視点を当て「包丁を研いで食事をつくる」をテーマに包丁の研ぎ方と下記メニューにより実習をしました。

日時    8月30日(火)・31日(水)AM10:00~14:00
講師    料理研究家  榧場眞市 氏
調理実習
      1 若鶏のカルカッタ風カレーソース&ライス
      2 C・C・C サラダ(クリア・コールド・クリスプ)
      3 簡単なデザート(梅酒羹)
① さあ始めます
CIMG0400.png

② 荒砥等各種の砥石を用意、まずさびや汚れ取りから始まりました。
CIMG0405.png

CIMG0416.png

③ 研ぎ上がりはどう?
CIMG0402.png

手を切らないように真剣です。夫々持参したマイ包丁が研ぎあがりま 
した。そこでお待ちかねの料理実習に入ります。
P8300260.png

④ 野菜の試し切り
  野菜を切るといっても、プロの基本に沿って、キャベツ、赤ピーマン、
  しし唐、玉葱を無駄なく型よく味を引き出しやすく、先生のジョークを
  交えながら「包丁」の扱いの大切さを学びました。
P8300280.png

CIMG0419.png

⑤ さあ、メインの若鶏をさばく。
  食鶏専門店から買ってきた2.5Kもある大びなを部位別にさばき、
  かって米国の女優エリザベステーラーの喉にささった骨の部位も話   題に取り上げ、見せてくれました。さすがプロですね。 
CIMG0407.png

P8300265.png

⑥ 次々に材料が料理されカレーの良い香りが漂っています。調味料も
  本場、マンゴーチャツネをはじめトマトペースト、ワイン、チョコレート、
  オレンジの皮、レモン汁などを加え煮込みました。
CIMG0409.png

⑦ さあ、出来あがり。サラダも良く冷えました。
P8300298.png

⑧ 会食風景
P8300302.png

CIMG0410.png

8月もいよいよ終わります。あいにく10年を経たエアコンが故障、
扇風機と鵠沼の風を受けながら手づくりのカレー料理で舌鼓。
楽しい会話で盛り上がりました。そして暑い暑い8月のしめくくりと
なりました。








テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 BLOG TOP