FC2ブログ

メニュー

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

シンプルアーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

第9回 子育て応援メッセinふじさわ

第9回 子育て応援メッセinふじさわ に参加しました。
CIMG0803.jpg

CIMG0794.jpg

○ 当センターは「食と健康」をテーマに第2回目よりこのイベントに参加
  してきました。参加の動機は子育ての中で小さな頃からの食事の大
  切さを伝えたいと思っていたからです。「おぎゃー!」と生まれて、先   ず口にするのは「おっぱい」大切な命を育む食生活のはじまりです。
CIMG0781.jpg

○ 当センターの活動を紹介しながら子どもたちの日々の食事のこと
  栄養相談、おやつ、食べ物の話題など子育て中のお母さんたちとの
  コミュニケーションの場といたしました。
CIMG0783.jpg

○ 当日は「栄養三色列車」を持ち込んで手づくりの食品のフードモデル
  を満載、幼児たちが楽しく遊べる場をつくりました。
CIMG0791.jpg

CIMG0784.jpg

CIMG0787.jpg

○ 子どもたちがたくさん集まってきて大好評。あれこれ興味津々、中に   はかじろうとする子どももいました。お母さんたちとも気軽に食に関   する会話が出来ました。関係出版社から提供を受けた資料またスタッ  フがあらかじめ折って用意した魚、やさい、くだものなどいろいろな食  品の折り紙も喜んで持ち帰られました。

○ このイベントは年々内容の充実が図られ関係者の努力により活気に
  満ちていました。次世代を担う子どもたちを育てている若きパパ、ママ
  や社会の支えあいの大切さを感じさせてくれたイベントでした。








スポンサーサイト



第108回シニアの楽しい昼食づくり

第108回シニアの楽しい昼食づくり
           11月8日(火)・9日(水)

 暦の上では立冬を迎えました。最近まで青かったゆずの実も黄色く
色づき始め、すぐそこまできている冬の訪れを感じます。
冬はなんと言っても鍋料理“ゆっくり煮込んだ”おでんづくりをいたしました。
担当は当センター 武田管理栄養士。

メニュー
  ① 茶めし
  ② おでん
  ③ 湘南野菜のサラダ
  ④ りんごのコンポート
PB090510.jpg

○ ご飯は茶めし
  本来なら番茶で炊くそうですが、醤油と酒で色と下味をつけました。
○ おでん
  大根、じゃがいも(メークイン)、こんにゃく、さつま揚、ちくわ、厚揚げ、  ゆで卵、こんぶ、串刺しすじ肉  、福袋(もちと鶏ひき肉入り)など10  品。それぞれ下処理をしてたっぷりの「野菜だし」を作ってゆっくり煮   込む。調味料はうすくち醤油、酒、みりん、砂糖少々。皆で協力しあっ  て早めに下処理し、一時間ほどゆっくり煮込みました。今回すじ肉は  さっと茹でこぼし串にさす。味のバリエーション、kyeポイントでした。
PB090505.jpg

○ 湘南野菜のサラダ
  出盛りの新鮮な地元野菜を下処理して、ゆず汁と醤油味で。里芋、か  ぶ、にんじん、ブロッコリー、小松菜など食べ易い大きさに切ってそれ  ぞれ茹でて冷まします。おでんでは摂れないビタミン類豊富なカラフ   ルサラダ。ゆずの香りと酸味はサッパリして好評
PB090509.jpg

○ コンポート
  紅玉のうま味を持ったジョナゴールドを使いました。りんごは皮と芯を  除いて砂糖に水を加え、ほのかな色づけに皮とレモンも入れて煮込   みました。仕上げにバニラエッセンスの風味も加えます。盛り付けて   シナモンを少々。
PB090508.jpg

おでんは量も多くなり少々カロリーオーバーになるのでごはんを1/2膳と
しました。
今回はタウン紙「湘南で暮らす」で当センターの活動を紹介いただいて
記事を見て新しい仲間も増えました。和やかな昼食会となりました。
PB090512.jpg








第37回 講演会

 いよいよ11月菊花香る季節となりました。
 11月5日(土)、講演会を開催いたしました。今回は神奈川県の
 肉、卵、牛乳の現状についてお話を伺いました。
 演題は「かながわの畜産ー生産から消費まで」
 講師は神奈川県農業技術センター
     畜産技術所、専門研究員   田邊 眞 氏
 この研究所は海老名市の本郷にあります。神奈川県内の畜産経営
 生産、流通等技術の研究や指導をされています。消費者が安心して
 食生活が営めるための仕事をされています。
①演題に沿って始りました。
PB050489.jpg

②講師 田邊 氏
PB050491.jpg

 ③「フムフム」「ああそうか」講話に聴き入る参加者の面々
CIMG0739.jpg

内容は
    ○畜産経営の周辺環境、畜産物生産量、酪農乳用牛のこと、
     乳の生産、肉用牛、品質管理

   ○豚については神奈川県産として昔からなじみのある高座豚、
    養豚の歴史、肉の管理

   ○ニワトリについては卵の生産と管理、珍しいニワトリ海外種の
    うす水色の卵を産む「アロウカナ」 の紹介。
    など注目を集めました。
CIMG0771.jpg

○かながわブランド登録の畜産物の紹介
CIMG0774.jpg

 ○飼料、排泄物、そして食料の生産は生き物、自然との循環により成り  立っている。生産された食物が無駄なく循環され、人間の生命が守ら  れることの大切さと「食育」の大切さを教示されました。

恒例のおやつタイムは榧場シェフ指導の下スタッフが前日作った
ブラウニケーキ、りんごのコンポートを用意しました。





テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 BLOG TOP