fc2ブログ

メニュー

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

シンプルアーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

子どもの日「もてなし料理」講習会

当センター料理の講習会として「四季折々の食材を使う」「地産地消」
そして「行事食を大切にする」というポイントを考慮して行っています。
そして料理の技を学びながら“食と健康”を考え、栄養の大切さを知っ
てもらうよう心がけています。
さて43回目を迎えたもてなし料理(4月19日・20日)は子どもの日を控え、
ちょっと志向を変えてフランス料理と致しました。講師にフランス料理歴
60年余レストランやホテル、専門学校等で活躍されてきた料理研究家 
榧場眞市先生にお願い致しました。日本の「行事食」とは異なりますが
子どもも大人も喜んで食べられる、もてなし料理としました。
メニュー
 1 豚フィレ肉パイナップル風味焼き、ソース添え
 2 蘇ったパン フレンチトースト
 3 サラダ オランダ風
 4 メレンゲのチョコレート風味

① 熟れたパイナップルを二つ割して中身をくりぬき、皮面は器として使います。
sDSCF0024.jpg

sHI3E0119.jpg

② ナイフの扱い方など手は魔術師のようでした。
sHI3E0118.jpg

③ 豚ヒレ肉を角切りにする前に余技として薄くのばすデモ、肉たたき器
  の代わりにビンを代用して薄くのばします。(ビンを割らないように要注
  意です)
sHI3E0116.jpg

④ 紙のように薄くのばした肉_巻物料理などに使います
sHI3E0115.jpg

⑤ 玉葱の切り方もウンチクあり。素材の扱いの奥の深さに一同注目!
   「食べ物の命をいただく」と、先生の言葉をあらためて、玉葱を見つ
   める。
sHI3E0120.jpg

⑥ 深鍋でにんにく、生姜、玉葱を炒め調味料(ケチャップ、ソース、ブイ
   ヨン)を加える。別のフライパンでカレー粉で下味をつけた豚肉や玉
   葱を炒め深鍋に移し、パイナップル、パルミット(椰子の芽)、レーズ
   ンを入れて煮詰める。

⑦ オランデーズソースを作っているところ(卵黄とバターの上澄みを使
  ってマヨネーズの要領で作る)
sDSCF0029.jpg

⑧ 用意したパイナップルに詰め、オランデーズソースをかけオーブンで
   焼く
sDSCF0031.jpg

⑨ 出来あがり。大スプーンですくって盛り分ける。
sDSCF0032.jpg

⑩ 全部出来上がりました。
sDSCF0033.jpg

今回は残念ながらレシピ2、3、4は作り方の紹介が出来ませんが2は
固くなったフランスパンなど活用してパンを蘇えらせたフレンチトースト
3は電子レンジでシャッキと加熱したもやしやレタス、きゅうり、スライス
玉葱をカレー粉を少し加えたドレッシングであえ荒く刻んだピーナツを
飾る。4は砂糖を加えた卵白でメレンゲを作り溶かしたチョコレートを混
ぜ合わせ、器に盛りいちごとミントを飾って冷やす。

さあ楽しい会食です。手をかけた珍しい料理。基本を学びながら主婦
感覚でいろいろアレンジ料理を思い浮かべながら賞味しました。
sDSCF0034.jpg

四季折々の行事にふれながら料理をとおし、もてなしの心を再認識した
ひとときでした。「一木一草一滴」を大切にと、先生の名言でした。













スポンサーサイト



テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

<< 5月の事業のお知らせ | ホーム | 第102回シニア男性の楽しい昼食づくり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP